婦人

中国輸入代行は役立つサービス|欲しいアイテム即GET

レジの歴史とこれから

レジスター

金銭管理がレジの役割でした

アメリカからレジを輸入したのが日本のレジ歴史の始まりです。普及したのが戦後で、スーパーが成長したのがきっかけでした。レジは金銭管理が役割でしたが、この頃からレシート機能や部門別会計など利益が管理しやすい形態に変化していきました。コンビニがオープンしてからPOSシステムがレジに導入されるようになり、金銭管理以上にマーケティング戦略を考える上でも大事な機械になります。今ではネットショップとデーター共有ができるようになり、タブレットPOSが開発されました。軽量化することで販売管理や在庫管理までも可能となりました。今はパソコンと連携したレジが進化し、必要な情報をいつでも引き出せます。またレシートには割引券の印字ができるようになり、レジの用途に対する多様化が進んでいます。

タブレットPCを使用した更なる変化

近年、アップル社などタブレットPCが目立つようになりました。家庭用のみならず経営にも使用されています。このタブレットPCを使用したアプリが、POSシステム導入費用をかけずにシステム導入ができると人気です。今後は、パソコンなどレジ以外の機械が発展することでそれに対応したレジも開発され、低コストで管理をしていけるようになっていくと思われます。また、今人気のタブレットPCはキーボート操作がなく、タッチパネル式のためパソコンが苦手な人にも使用できます。誰でも管理ができ、費用がかからず更に他の価値も開発され続けています。タブレットPCとの連携以外にも顧客にレジをしてもらうセルフレジが増えつつあります。しかし、導入費用が多くかかるため発展とまではならず、支払いのみを顧客が行いチェック業務は職員が行う分業も検討されるでしょう。

Copyright© 2016 中国輸入代行は役立つサービス|欲しいアイテム即GET All Rights Reserved.